コラム:
ブログはGoogleアクセスに不利!?

Googleキャッシュとブログ記事の関係

コラムブログはGoogleアクセスに不利!?

アクセス稼ぎ記事をちりばめろ! << アフィリエイト道場top 

 

ブログでアフィリエイトを行う場合Google経由のアクセスがあるのと無いのとでは大きな差があります。

ここで取り上げるのは、ブログで頻繁に記事更新する場合、Google経由のアクセスアップに問題があるかもしれないという問題です。

まずは、Googleの基礎をおさらいしましょう。

Google検索エンジンの基礎

Googleのようなロボット型検索エンジンは、ロボットを使って各サイトの情報の収集を行っています。

Googleには、2種類のクロールロボットがあり、一つは「メイン・クロール」、もう一つが「フレッシュ・クロール」と呼ばれています。

「メイン・クロール」は、1ヶ月に一回程度行われるGoogleの大規模なクロール(情報収集)で、ほぼ全てのサイトが対象になります。

一方の「フレッシュ・クロール」は、ほぼ毎日行われるクロールで、特定のサイトの情報収集だけ行われます。

アフィリエイトをやる場合、キャンペーン情報などの「タイミング」が重要な情報を扱うことも多く、「フレッシュ・クロール」対象サイトであるかどうかがアクセス向上に重要な役割を果たすことになります。

自分のサイトが「フレッシュ・クロール」の対象になっているかどうかは、自分のサイトをGoogleで検索した時に右下に日付が入っているかどうかで確認できるようです。

アフィリエイトをする場合、この「フレッシュ・クロール」の対象になることにより、「キャンペーン」などの時事ネタによる販売が見込めるようになるため、以下のような対策をとり、対象となることを目指します。

さて、このような状況から考えると「記事更新のしやすいブログ」がアフィリエイトに向いているように思われます。

そこで、実際更新頻度の高いブログのGoogleキャッシュを見てみましょう。

ブログとGoogleキャッシュ

対象とするブログは、私の運営しているお遊びアフィリエイトサイトトレンド・ウォッチャーです。

このサイトのGoogleキャッシュは、このようになっています

どうでしょう。内容がほとんどキャッシュされていないのがごらんいただけるかと思います。

実際、このサイトへのアクセスは

がメインとなっています。

なぜGoogleがキャッシュしてくれないのかは、未だ不明ですが他の人の運営するサイトも同じような状況が見受けられます。

時事ネタを用いないアフィリエイトサイトを考えているなら、レンタルサーバがいいのかも知れません。



Copyright 2005-2009 アフィリエイト道場